Imagine

Is There a Santa Claus? 



693g5copy.jpg


Dear Editor

I am 8 years old.
Some of my little friends say there is no Santa Claus.
Papa says, "If you see it in The Sun, it's so."
Please tell me the truth, is there a Santa Claus?

Virginia O'Hanlon
115 West Ninety Fifth Street









編集者さま

私は8才です。
数人の友達が「サンタ・クロースはいない」と言います。  
パパは「サン新聞に書いてあるなら間違いないだろう」と言います。    
本当のことを教えて下さい。サンタ・クロースはいるのですか?

バージニア・オハンロン
西95通り 115番










1897年9月21日
The New York Sun に掲載された社説

8歳の少女から届いた
「サンタさんは本当にいるの?」
という素朴な疑問の手紙に
心を込めて返信したのは
サン新聞社で長年社説を書いた記者
Francis Pharcellus Church さんでした。

読んでいて心が温まる内容だったので
ちょっと長い文章ですが
ご紹介させてください。






Virginia, your little friends are wrong. They have been affected by the skepticism of a skeptical age. They do not believe except they see. They think that nothing can be which is not comprehensible by their little minds. All minds, Virginia, whether they be men's or children's, are little. In this great universe of ours, man is a mere insect, an ant, in his intellect as compared with the boundless world about him, as measured by the intelligence capable of grasping the whole of truth and knowledge.

Yes, Virginia, there is a Santa Claus. He exists as certainly as love and generosity and devotion exist, and you know that they abound and give to your life its highest beauty and joy. Alas! how dreary would be the world if there were no Santa Claus! It would be as dreary as if there were no Virginias. There would be no childlike faith then, no poetry, no romance to make tolerable this existence.

We should have no enjoyment, except in sense and sight. The external light with which childhood fills the world would be extinguished.

Not believe in Santa Claus! You might as well not believe in fairies. You might get your papa to hire men to watch in all the chimneys on Christmas Eve to catch Santa Claus, but even if you did not see Santa Claus coming down, what would that prove? Nobody sees Santa Claus, but that is no sign that there is no Santa Claus. The most real things in the world are those that neither children nor men can see. Did you ever see fairies dancing on the lawn? Of course not, but that's no proof that they are not there. Nobody can conceive or imagine all the wonders there are unseen and unseeable in the world.

You tear apart the baby's rattle and see what makes the noise inside, but there is a veil covering the unseen world which not the strongest man, nor even the united strength of all the strongest men that ever lived could tear apart. Only faith, poetry, love, romance, can push aside that curtain and view and picture the supernal beauty and glory beyond. Is it all real? Ah, Virginia, in all this world there is nothing else real and abiding.

No Santa Claus! Thank God! He lives and lives forever. A thousand years from now, Virginia, nay 10 times 10,000 years from now, he will continue to make glad the heart of childhood.





バージニア、君の友達は間違っているよ。疑う年齢で懐疑的になっているのです。目に見えるモノしか信じない。心が狭く、自分に理解できないモノは存在しないと思っている。大人も子供も、みんな心が狭いのですよ、バージニア。広大な宇宙に比べたら蟻のような、小さな昆虫に等しい人間が、全ての真実や知識を知る知恵などありません。

バージニア、サンタ・クロースはいるのです。愛や寛大な心、献身が存在するのと同じように、あなたの人生を美しく豊かなものにしています。もしもサンタ・クロースがいなかったら、世界はとてもつまらないモノになるでしょう。バージニアがいなかったら、退屈しちゃうのと同じ。子供のような夢や確信が無ければ、この世には詩もロマンスも存在しません。

感覚と視覚しか楽しむことができない。子供のココロに詰まった、世界を照らす光が消えてしまいます。

サンタ・クロースを信じない!というのは、妖精を信じないのと同じ。パパに頼んで、クリスマスイブに全ての煙突を見張ってサンタ・クロースを探す人を雇い、サンタ・クロースを確認することができなかったとしても、それが何の証拠になる?サンタ・クロースを見た人は誰もいないけど、サンタ・クロースがいないという痕跡もない。本当の真実は、子供も大人も目で見ることができないのです。芝生で踊っている妖精を見たことがありますか?勿論、ないよね。でも、そこに妖精がいないという証拠にはならない。この世で見えないモノ、見たことがない不思議なこと全て、誰も想像できないのです。

赤ちゃんの玩具を分解すれば、中にどんなモノが入っていて、どうやって音を出すのかを知ることができる。しかし、見たことのない世界を覆っているベールは、世界で最強の、何でも壊せる男たちが集まっても破ることができない。理性や理屈を超えた確信、詩、愛、ロマンスだけが、カーテンを押しのけて、天上の、美や栄光を超越した絵画を見ることができるのです。それって、リアルなの?バージニア、不変な真実は、これより他、この世に実在しないのです。

サンタ・クロースはいない!なんて有難いこと!彼は永遠に生き続けます。今から1000年後も・・・バージニア、今から1万X10年 (10万年)先も、子供達のココロの中で生き続けて、喜びを与えるのです。
    
  
   
  
    


英文(原文)のまま理解できたら
もう少し、感動が伝わるかも知れませんが
私の拙い文章と訳でゴメンなさい(汗)





12月に入って寒くなりました。
写真(一枚目)は
11月に寒波が来た時
室内でカシャカシャ
多重露光して遊んだものです。










693g19.jpg





オマケ写真(二枚目)は
スーパーの駐車場で見つけた氷柱
夕陽を浴びてキラキラ輝いてました。

春、気温がプラスとマイナスの間を
行ったり来たりする時
溶けた雪が氷柱になるのが普通なので
11月の氷柱は珍しいかも・・・





ご訪問ありがとうございました。
Have a nice day ♪



trackback: -- | comment: -- | edit