Imagine

 



689i2.jpg


すべてをいますぐに知ろうとは無理なこと。
雪が解ければ見えてくる。

ヨハン・ゲーテ









雪の玉ボケに憧れて数年
私が撮ると玉ボケが出ない(涙)
何故???

ぼたん雪が降っていた二月のある日
窓ガラス越しにフォーカスリングを回して
どの辺で綺麗なボケが出るか、実験(笑)

PEN の液晶で玉ボケになった位置で
シャッター切ったのに
撮れた写真のイメージが違う!

絞り優先モードだったから
シャッター速度を変更しないとダメかも?
マニュアル設定にしてみたら
何とか玉ボケが出たけれど
どこにもピントが合ってない!

ガーデンドアを開けて
手前のフェンスにピント合わせ
この一枚を撮ったんですが
吹雪いていて、室内に雪が入りこみ
水分の多い雪がカメラに・・・
慌てて撮影終了。

ゆるピンだけど
雪の玉ボケデビュー作品(笑)










689i3.jpg











上達のコツ NO.16

Be present

被写体(モデル)と交わす
アイコンタクトがポイント
時々カメラを下ろし
人間らしく、目と目で会話しましょう
写真を撮る時にカメラを上げ
息継ぎをするようにカメラを下ろして
被写体をチェックしましょう
理科の実験で
顕微鏡を使って観察するような撮影をせず
被写体を尊敬することにより
モデルの緊張感を取り除き
自然なイメージを引き出すことができます

By Heather Faulkner





マニュアルフォーカスだと
ピント合わせるのに時間かかるから
シャッター切った瞬間に
笑顔が変顔に変わることがよくある
百面相モーゼ(笑)
私、まだまだ修行が足りませぬ(_ _。)





ご訪問ありがとうございました。
Have a nice day!



trackback: -- | comment: -- | edit